商品ラベルのデザインはプロのデザイナーに依頼しよう

商品ラベルのデザインはプロのデザイナーに依頼すべきです。というのは商品ラベルは店頭でPRできる貴重な手段となるものですから、最も人目に触れる機会が多くなるところだと考えられるからです。商品ラベルを見て買う買わないが決まるケースも少なくはないということです。興味を持つ持たないもここで決まることも考えられるところです。

デザインにはコツや経験も必要

たかが商品ラベルというようなことを考える人はビジネスマンにはいないでしょう。それぐらいに大切なものだからです。人目を引くようなラベルは実は簡単には出来ません。だからこそデザイナーのような専門の職人がいるわけです。コツがあるのは当然ですが、人目を引いて好印象を持ってもらうには経験も必要になります。単に綺麗なデッサンであればいいというわけではないのです。その商品に興味を持ってもらうということも必要ですし、見ている人を引き付ける何かが必要になります。

デザイナーはある意味では似顔絵の職人と考えるといいかもしれません。似顔絵は誰でも書けるかもしれませんが、その人の特徴をとらえて尚且つ好印象を与えて興味を持ってもらうには最適です。写真では固すぎていい印象を持ってもらえませんし、素人の似顔絵ではその人の特徴を上手く表現できていません。そのため、似ているかもで終わりです。デザイナーはこの似ているねではなく、興味を持ってもらう似顔絵が描けるということが出来るというわけです。だからこそ職人ということになります。似顔絵があるとその人に対して多くの人が興味を持ってくれます。名刺などでも最近は似顔絵を使っている人も少なくはありませんが、それにはちゃんとした意味があるわけです。

 

ボトルパッケージデザイン

商品ラベルのデザインがきっかけとなる

商品ラベルはその商品の顔となるものでもありますから、これを適当に決めては折角の商品がもったいないことにもなります。ほとんどの商品はラベルを見てもらってそこで消費者が興味を持つかどうかで売れるかどうかの第一段階を突破ということになります。ラベルの段階ではじかれては売れる商品も売れなくなってしまいます。