フライヤーとポスターの役割を理解し、効果的に活用しよう

商品やサービスの宣伝に使用されるものとしてポスターとフライヤーがあります。集客や業績の向上など目的が同じであることから同一視されることもありますが、役割は異なり、作成においては違いを理解しておくことが大切になります。

 

ポスターの役割とデザイン

ポスターのデザインと役割

まず、ポスターの役割は瞬時に相手にアピールをすることがあります。例えば、駅の構内や街角など人通りの多い場所に掲示をしても、移動している人が足を止めて見入ることはほとんどありません。そのために、瞬時に相手に印象を与える必要があり、ここでは、高いデザインクオリティーが求められます。クオリティーが高いことで足を止めてもらうきっかけにもなり、作成におけるレイアウトも重要な要素となります。また、シンプルにすることも重要なポイントになります。あまり詰め込んだデザインをしてしまうと、見向きもされないばかりか印象にも残らないものになってしまいます。

 

フライヤーのデザインと役割

フライヤーは、戦時中、飛行機を使って広告物を配っていいたことから名付けられており、空を飛ぶ人や飛行家を意味するflier・flyerを語源としています。因みに、当時は子供たちが夢中で集めており、理由の1つにお菓子の引換券などが印刷されていいたことがあります。しかし、車の接触事故などを防止するために、昭和39年には東京都内では飛行機による配布は禁止されています。

フライヤーは成り立ちは異なるものの、現在ではチラシと同一に捉えられることも多く、ポスターと大きく異なるのは配布によって宣伝が行われる点があります。フライヤーの役割は詳細な情報を伝えることがあり、ポスターとは異なり、詰め込んだ内容でも集客につなげることが可能となります。理由としては、例えば街角で配られたとしても持ち帰ってゆっくり見てもらえることがあり、用いられる場面としてはハンティングの他に、ポスティングや店頭に置かれることがあります。また、デザインが凝っているものを多く見られる点も特徴の1つにあり、目を惹くデザインを用いることで持ち帰ってもらう確率が高くなります。