パッケージデザインの作成を依頼する時のポイント

パッケージデザインは、その商品に対するイメージともなり、そして商品の第一印象に大きな影響を与えます。パッケージのデザインによって、その商品の売り上げが変わってくることもある程、とても重要なのです。そのような重要なものを作成依頼する際には、イメージと違うなどの失敗は避けたいものです。依頼側と作成側でイメージの相違などが起こってしまわないためには、デザインを依頼する際に、作成側にどのようにイメージを伝えるのかが重要になってきます。ではパッケージの作成を依頼する際には、どのようなポイントをおさえておくべきなのでしょうか。

5W1Hをパッケージデザインに反映させる

まずは、基本的な情報として“いつ”・“どこで”・“誰が”・“何を”・“どのように”・“なぜ?”などの「5W1H」をまとめておきましょう。これを明確に伝えることで、パッケージデザインの作成側はその商品をイメージしやすくなり、双方で商品の情報を正確に共有することができます。特に“誰が”や“何を”や“どこで”は、直接その商品の売り上げに影響する場合が大きい情報になるので、詳細に伝える方が良いでしょう。もし可能であれば、完成品に近い見本やイメージをあらかじめ用意することも効果的です。双方で商品の完成イメージの共有ができ、それによってパッケージのデザインの方向性をすり合わせができるので、理想に近づくためには大きな役割を果たします。同様に可能であれば、競合他社の商品を用意し、どのような点で差別化をはかりたいのかを具体的に伝えることも、魅力的なパッケージデザインの作成には効果的です。似たコンセプトの商品は、並べて陳列されたり、比較の対象になりやすいので、あらかじめ情報として知っておくことはパッケージのデザインを考える上では大切です。依頼する時のポイントを説明しましたが、どのポイントにも共通して言えるのが、「コミュニケーションの重要性」です。パッケージデザインを作成する過程で、依頼側と作成側の双方が、明確に情報を伝えあい、その中で“イメージ”を“具体化”することが大切です。