パッケージデザインを依頼する時に確認しておくこと

消費者に商品の価値を伝えるパッケージデザインは消費者との大切な接点であり商品のブランディング確立に必要不可欠なものですから、商品の特徴やメリットを的確にあらわし、競合する他社のライバル商品の中で埋もれてしまわないようなパッケージデザイン開発が重要になりますが、パッケージデザインを外注する場合は最適な業者を選ぶためにもクオリティ・依頼から納品までの期間・料金などについて詳しく確認しておく必要があります。

 

商品パッケージのデザイン分析

パッケージデザインのコンセプトを考える

デザイン会社に依頼する場合は理想に近いパッケージデザインを提案してもらうためにも、どういったコンセプトを持った商品であるかを明確にさせた上で、完成イメージの参考となる資料を準備しておいたり、差別化を図りたい場合は競合する他社のパッケージデザインを例に出すなどして、「高級感・清潔感が欲しい」といったようにデザイナー側に具体的なポイントをおさえてもらって制作したいパッケージのイメージを共有することが大切です。

デザインは感覚的な部分が強くイメージの共有がなかなか難しいところがありますから、発注側とデザイナー側に食い違いが生じないようにする事がスムーズに商談を進めるためのポイントです。また、デザイン会社はそれぞれ得意とする分野が異なりますから、どういった業種の商品を得意としているかは確認しておきたい点ですし、パッケージデザインは細かい作業が多く想定以上に時間がかかる場合も多いですから、長期的なスケジュールも見越して余裕を持って発注したり予め期日の確認をしておくことが重要です。

デザインの制作料金を確認しよう

また、パッケージデザインをデザイン会社に依頼する場合、デザインの修正に追加料金が発生して割高な料金となるケースもありますから、作業項目別に料金の相場観はおさえておく必要があります。制作会社の見積もりが想定以上に高く予算を抑えたいという場合は、クラウドソーシングサービスを通じてコンペ方式でパッケージデザインを募集するという方法もあります。コンペ方式では実績のあるデザイナーからかなりの数のデザインの提案がありますし、早い・安い・高品質が実現する場合も多く、提案数保証を設けているところもあるなどメリットが多いです。

フライヤーとポスターの役割を理解し、効果的に活用しよう

商品やサービスの宣伝に使用されるものとしてポスターとフライヤーがあります。集客や業績の向上など目的が同じであることから同一視されることもありますが、役割は異なり、作成においては違いを理解しておくことが大切になります。まず、ポスターの役割は瞬時に相手にアピールをすることがあります。

イベントフライヤーこそ拘ってデザインしよう

フライヤーとはチラシの意味です。イベントフライヤーはイベントの開催や内容をお知らせするチラシのことになります。消費者に行動をうながす広告制作でよく知られている法則の中に、AIDMAの法則というものがあります。A=アテンション(注意)、I=インタレスト(興味・関心)、D=デザイア(欲求)、M=(メモリー)、A=アクション(行動)で構成されている、消費者が商品などを認知して購買などの行動に至るまでの心理プロセスを体系化したものです。

デザイナーになって良かったと思う瞬間

クリエイティブな仕事の代表といっても過言ではないデザイナーですが、お洒落なイメージの陰には泥臭い側面もあるようです。実際にこの仕事に就いてみると苦労が多いのも事実ですが、その反面やりがいを感じますので続けたいと思う人が多いようです。デザイナーになって良かったと思う瞬間としてよく聞くのが、自分が作ったものが色々な人に喜ばれた時です。ビジュアル的にも納得できるものを作れて、それが感謝された時にはやっていて良かったと感じるようです。

商品ラベルのデザインはプロのデザイナーに依頼しよう

商品ラベルのデザインはプロのデザイナーに依頼すべきです。というのは商品ラベルは店頭でPRできる貴重な手段となるものですから、最も人目に触れる機会が多くなるところだと考えられるからです。商品ラベルを見て買う買わないが決まるケースも少なくはないということです。興味を持つ持たないもここで決まることも考えられるところです。たかが商品ラベルというようなことを考える人はビジネスマンにはいないでしょう。

イベントフライヤーデザイン

フライヤー作成・依頼

パッケージデザイン・ラベル作成依頼

商品パッケージ・ラベルデザインの制作

ポスター/フライヤーデザイン作成

イベント関連のデザイン制作